読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダブルコード

リーダブルコードを読んだ。

読んですぐさま自分を恥じた。
今まで僕が書いていたのは直視したら死ぬレベルのコードだ。

コードは短くしたほうがいい。だけど、「理解するまでにかかる時間」を短くするほうが大切だ。

なんとなくその方がよさようだ。 そう言って無理に短くしたコードがいくつあるだろう。 あれらのコードを書いてるときは、多少自分が頭がよくなった気がして気分がよかったかもしれない。 だが、それは幻想だ。

コードは他の人が最短時間で理解できるように書かなければならない。

本書では、表面上の改善として変数の命名からコードの再構築の方法まで、このための手段を多く紹介している。 いや、プログラマにとって当たり前のことを書いている。

だが、その当たり前のことさえ自分はできていなかった。 ことあるたびに本書を取り出して、自分が"理解しやすい"コードを書いているか確認したいと思う。